美容外科でのレーザー脱毛

美容外科でのレーザー脱毛

永久脱毛をするなら、美容外科・クリニックなどで受けることのできるレーザー脱毛と、エステサロンなどで受けることができる光脱毛があります。ここでは医療機関で受けることのできるレーザー脱毛について解説します。

 

 

 

美容外科・クリニックで使われるレーざー機器は元々シミ、ホクロ、アザなどの治療に使われていたれっきとした医療機器です。研究を重ねるにつれて脱毛にも使えることを知り、脱毛機器として発展しました。

 

 

 

近赤外線という黒い色素(メラニン)だけに反応する波長のレーザーを照射します。レーザーのエネルギーは皮膚の表面を通過して毛根に集中し高熱を生じさせます。

 

 

 

この高熱で毛根に接している毛包や毛乳頭を焼いて、毛の再生機能をなくすことによって、永久的に毛が生えてこない状態を作り出します。

 

 

 

 

「肌にもメラニン色素があるからヤケドするのでは?」と思うでしょうが、照射する部分の先端にはクーリングチップという冷却装置がついていて、冷却しながら脱毛をするのでヤケドの心配はありません。