光脱毛のさまざまな呼び名

光脱毛のさまざまな呼び名

光脱毛機器というのは本来、レーザー機器より脱毛効果が確実だとされています。レーザー光線よりも光の方が波長が長いため、毛根や毛包まで確実にエネルギーが届くのだそうです。

 

 

 

ただし、医療機関以外で使用されている場合は、医療行為に当たらない程度まで光の出力を抑えているため、一般的には医療機関で受ける施術よりも効果が出にくいとされています。

 

 

 

光脱毛機器は、機器メーカーやエステサロンまたは医療機関、それぞれによってさまざまな呼び名で呼ばれています。代表的なものとしてはIPL(インテンス・パルス・ライト)やフラッシュ脱毛、プラズマ脱毛などという風に呼ばれています。

 

 

 

どれも基本的な構造などは同じで、効果や特徴なども大きくは違いません。光脱毛は日本に入ってきてまだ日が浅いので、どれだけの効果が期待されるのかというのは、これからもっと明らかになるかと思います。

 

 

 

より技術が高まり研究が積まれれば、痛みの少ない光脱毛は、脱毛方法の主流となってくるでしょう。