脂肪吸引のアフターケア

脂肪吸引のアフターケア

脂肪吸引にはアフターケアは欠かせません。もしこのアフターケアを怠れば形が崩れたり、痛みだって引かない場合もあります。施術の内容にもよるのですが脂肪吸引をしてから麻酔が切れたら大体は、痛みが出るものだと思ってください。

 

 

吸引した範囲が広ければ広いほど痛みが出るのは当然ですし、多少個人差が出てきます。一般的には2〜3週間は内出血が見られるのでアフターケアとしてはガードルやコルセットなどで固定をします。もちろんこの間、激しい運動は避けなければいけません。

 

 

痛みがひどい場合は鎮痛剤を使用することもあるようです。手術前の状態に戻るまでの間のことをダウンタイムというのですが、脂肪吸引法の中にはこのダウンタイムが一切ない方法もあるのです。この場合は、メスを使わない方法になるのですがもし気になる時はチェックしてみてください。

 

 

1日でも早く痛み、内出血を取りたいというのであれば医師の言うことを忠実に守らなければいけません。運動もそうですが他にもシャワーや入浴はどのくらいまで待てば良いのか、ガードルやコルセットはいつまで付けておかなければいけないのか事前に確認するようにしましょう。

 

 

もしそれでも痛みがいつまでも取れない場合は、医師に相談しましょう。痛みが取れないことで医師を疑ってしまう場合もあるかもしれませんが、そこで違う病院を探す前に1度は担当医師に相談するのが先決です。脂肪吸引をする前にダウンタイムのことは覚悟しなければいけませんね。