あごのラインを作るプロテーゼ挿入法

あごのラインを作るプロテーゼ挿入法

皆さんは理想の顔ってありますか?女性ならば目がくっきりしていて涙袋があって、鼻筋が通っていてシャープな輪郭だと美人顔と呼ばれるのではないでしょうか。しかしそんな顔の人がいたら芸能業界に引っ張られていますよね。

 

 

モデルや女優さんにも「ああいう顔になりたい…」と憧れを持つ人も1人や2人くらいはいるかもしれませんね。完全にコピーするのは難しいかもしれませんが、部分的に似せることは可能かもしれません。その方法とは、皆さんもご存じの美容整形です。皆さんの中にも興味を持ったり検討したことがある…という人もいるかもしれません。しかし良い病院・クリニックを選ばないと後悔することになるかもしれません。

 

 

そのためにも体験談を参考にすることをおススメします。美容整形にもいろいろとありますが、今回はあごのラインを作るプロテーゼ挿入法についての体験談を紹介したいと思います。アゴがくっきりと出ていない輪郭は、少しボテっとした印象を与えてしまいます。

 

 

上手く説明できませんが、輪郭がハッキリしていないので顔が大きく見えたりしますよね。そこでプロテーゼを挿入することであごのラインを作ることが出来るのですが、高い技術を要するので経験が浅い医者の場合、整形したのがバレバレになるケースもあるようです。

 

 

もちろん中には「自然な形で仕上がったので凄く満足している」と高い評価を下している人もいます。ただ、体験談だけで病院を選ぶのも材料不足なので出来るだけ多くの情報を得るようにしてください。