脱毛によるトラブル

脱毛によるトラブル

私たちは一般的に「ムダ毛」と言いますが、体毛にはそれぞれ生えている理由というものがあり、無駄なものではないのです。

 

 

摩擦や衝撃、熱などから体を守ってくれたり、体の温度調節をしたりと、それなりの役目があるのです。ただ、私たちの普段の生活ではその必要性を感じることがなく、美しさを求めるためには「ムダ」であるという判断をせざるを得ないのです。

 

 

ですから、脱毛をする時に私たちの体はそれなりのストレスを受けることになります。脱毛は肌には決して良いとは言えない行為なのです。

 

 

ですからしっかりと気をつけないと大きな肌トラブルを起こしかねません。自己処理をする場合は特に注意が必要です。

 

 

自己処理を行う中で起こりやすいトラブルに、「毛膿炎」と「埋没毛」というものがあります。「毛膿炎」は毛穴にばい菌が入り化膿してしまうことをいいます。

 

 

「埋没毛」は、毛を剃ったり抜いたりを繰り返すうちに毛穴が埋まり、皮膚の外に毛が出ないで、皮膚の中で生えてしまう状態のことです。