脱毛機器使用によるトラブル

脱毛機器使用によるトラブル

自己処理をすると、毛膿炎や埋没毛などの肌トラブルが起こりやすいとされていますが、サロンや医療機関で受けることができる脱毛機器で脱毛を行えば、それらのトラブルは回避することができます。

 

 

しかし、脱毛機器には他のトラブルが起こる可能性があります。それは「ヤケド」です。レーザーや光(フラッシュ)、電気などを使って脱毛する場合は、それをあてている皮膚の部分に高い熱を発することがあり、それがさまざまな悪条件が重なった場合ヤケドを負ってしまうことがあります。

 

 

もし、脱毛施術を受けた場所が美容外科や美容皮膚科などの医療機関であった場合は、ヤケドに対する衣装処置をすぐに行え、被害を最小限に留めることができますが、エステサロンで施術を受けた場合には正しい処置をその場で受けることができません。

 

 

箇所を冷やすだけといった、その程度の処置しか受けることができず、結果ヤケド跡が残るなどの深刻な被害を受けてしまったということにもなりかねません。